So-net無料ブログ作成
検索選択

パパは年中苦労する(初恋篇) [過去の出来事]

みなさんは、はじめて大好きになった芸能人は誰ですか?もうその人のことを毎日考えるくらいにね笑
ぼくは吉村涼さんという人です。え?誰?と思われる方もいらっしゃるでしょう。ピンくるようにヒントをだすと、今は「渡る世間は鬼ばかり」というドラマで、えなりかずきくんのお姉さん(役名は愛だったかな?)役で出ている方です。べつに最近好きになったわけではございません。いまをさかのぼること1988年のことでございます。ぼくは11歳です。その年にTBSで始まったドラマ「パパは年中苦労する」という田村正和さん主演のホームコメディードラマに吉村涼さんが当時(10歳)子役としてでていたのです。このドラマは田村正和さん演じる新進気鋭の作曲家、巽耕作41歳が、妻と別れて、優雅に独身貴族(都内の閑静な住宅街に自宅があり、仕事場がたしか麻布だったかな)をやっていた。その妻との間には4人の子供がおり、妻が離婚に際して子供4人とも引き取ったはずだったんだが、ある日突然、その妻が子供をおいて蒸発してしまった。そして子供たちはお父さんのところにころがりこんできて、さぁ大変!そしてパパと4人の子供たちの生活がはじまるというお話なのです。そしてぼくが好きになった吉村涼さんはその4人の子供のうちの長女役で出演して、役名もずばり涼(りょう)!という名前でした。長女役ということもあり(下に妹が2人)、とても冷静で、しっかりした発言をする子なのです。そしてめちゃめちゃかわいかった!テレビの中の人をこれほど好きになったことは、それまでになく、とにかく衝撃的事件でした。このドラマ、初回をのぞいて、毎回ビデオに録り、もう何回もみてましたね笑。でもこんなことはだれにもいえず、ずっと心の中にしまっていました。好きになった人のことって、さらにどんどん知りたくなってきますよね?でもぼくにとってその人は、テレビの中の人、しかも子役ときたもんだから、ぜんぜん情報が得られない(もちろん当時はインターネットなんていうものはない、情報を得るとしたらテレビ、ラジオ、雑誌に限られていた)。だから非常に歯がゆいおもいをしていたことをおもいだします。東京にいけばあえるのかな〜?なんておもってたことも、いまとなっては懐かしおもしろエピソードです笑。でも誰にだってこのような経験はあるのではないでしょうか?ぼくにとってこのドラマは特別に思い入れがあり、ぜひもう一度みたいのですが(当時録画したビデオなんてもちろんなく)、この作品、ビデオにもなっていません(もちろんDVDにも)泣。なにかの情報で、TBSチャンネルなる放送で最近放送されたそうですが、ぼくの家はTBSチャンネルをみることができない環境にあるので、残念ながら見ることはできませんでした。もう20年もみていないドラマをぜひもう一度みてみたいとおもっています!余談ですが当時のドラマの子役たちはほんとにすばらしかったと思います。なんとも無邪気にとてもかわいい子役たちがたくさんドラマの脇を固めていました。そんな子役ドラマでもこの「パパは年中苦労する」は最高傑作ではないかと自分ではおもっています。そしてまた余談ですが、10代の頃の吉村涼を主演にしたドラマも誰か撮っていてくれてたらなぁ〜って今にしておもったり思わなかったり。。
パパは年中苦労する.jpg
※TBSチャンネルのHPから無断で引用させていただきました。すいません。

papa7.jpgpapa5.jpgpapa9.jpg
追記:インターネットのおかげで本編すべてみることができました!やっぱりこのドラマ大好きだー!!
追記パート2:最初は涼ちゃん目当てでみていたんだけど、何度もみていると、すごい発見がある!それは・・
田村さんの演技が完璧すぎること!!自分をだす演技(能動演技)、そして相手の演技にたいしてリアクション
する演技(受け身演技)、両方が完璧すぎる!ほんとすごい人だ!
追記パート3:ただいまyoutubeにて全13話公開中です。
追記パート4:TBSより権利侵害の通告がありましたので、本編はすべて削除いたしました。
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 6

あいざwa

おひさしぶりですーー!!

私は内田有紀とかでしたねー
たしか「17才」とかいうドラマをみて好きになったような気がします。
どうしたら付き合えるかとか本当にまじめに考えてましたねー。
うーん。若かった。。
by あいざwa (2009-05-07 21:08) 

ミツバチのささやき

おぉ!あいざわくんひさしぶり~元気?奥さんと仲良く西荻でがんばってますか??笑
内田有紀か~やっぱ世代が若いなぁ~内田有紀は俺高校生のころ
人気あったっけなぁ?
<どうしたら付き合えるかとか本当にまじめに考えてましたねー。
吉村凉にかんしては、俺も同感笑
いやでもね、こういう記憶を思い出すことによって、あのころの純真の心を
忘れないようにしたいんですよ!(真面目顔)
いやでも、ほんと若かったよね笑
by ミツバチのささやき (2009-05-07 23:36) 

旭川の自称美女

ウィキペディアに番組の情報を書き込んでいる者です。この中には、実際にドラマを見なければ知りえない情報(耕作の生年月日、車のナンバーなど)も書き込んでありますので、是非読んでみてください。

ところで、一つ前の作品である『痛快!ロックンロール通り』を意識した演出がなされているような気がするのですが、いかがでしょう?

また、この作品に限った話ではないのですが、アルフィーがテーマ曲を歌った作品の大部分はソフト化されていないような気がします。『将軍家光の乱心 激突』は、昨年DVDが再発売されましたが、それ以外の作品(『ポールポジション!愛しき人へ・・・』や『モンタナ・ジョーンズ』など)は未だDVDになっていません。いつになればDVDになるのかと思います。
by 旭川の自称美女 (2010-07-11 16:50) 

ミツバチのささやき

旭川の自称美女様
ウィキペディアの項目ページ拝見させていただきました。素晴らしいトリビアな情報満載の愛のこもった詳細ページに仕上がっており、このドラマのファンとして、大変うれしくおもいました。ありがとうございます。

すいません、「痛快ロックンロール通り」は私は拝見しておりません。たしかアルフィーが音楽を担当していたんですよね?その程度の知識です。

未発売のDVDが多いのは、やはり売れないからという理由で、発売が見送られているのではないかとおもわれます。じつにドラマファンとしてはもどかしいおもいがしますよね。このドラマも未発売で、いまyoutubeで本編をわたくしが、公開しておりますが、未発売ゆえ、みたくてもみれない人がたくさんいるのでは?とのおもいで、公開に踏み切りました。このドラマがいつの時代になってもわたしにとって原点的な作品なので、わたしと同じような気持ちの人がもしいたとして、20年ぶりにみれたとしたら、それはとても素敵なことだとおもいます。やはりこの作品のDVD化は、ぜひしてもらいたいと願っております。わざわざコメントありがとうございました。
by ミツバチのささやき (2010-07-23 08:39) 

旭川の自称美女

『痛快!ロックンロール通り』の主題歌はアルフィーではなくTM NETWORKの担当です。丁度よみうりテレビの『シティーハンター』が放送されていた時期で、異なる局で同じアーティストの楽曲が使用される結果となりました。

ところで、今日は田村さんの67歳の誕生日です。年齢の割に若く見えると思っていたのですが、最近は60代後半の顔になってきています。それでも若さが感じられるのが、田村さんの魅力なのかもしれません。

予断ですが、前述の『シティーハンター』の第2部でオープニングを担当したPSY・Sが浅野さん主演の『ママって、きれい』で主題歌を担当しています。これも何かの縁かもしれません。
by 旭川の自称美女 (2010-08-01 23:12) 

no_nickname

旭川の自称美女様

「痛快ロックンロール通り」はTM NETWORKだったんだですか!それははじめて知りました。シティーハンターもTMでしたよね。80年代はTMがとても人気があったのは、子供ながらに記憶しております。

田村さんは、年にしては、ぜったい若くみえるほうだと、ぼくはおもっています。最近のお姿はあまりみかけませんが、やはり外見に老いがみえはじめているのでしょうか?

PSY・Sもなつかしいですね。「ママってきれい」も八木康夫さんプロデュースのドラマだったんですね。しかも演出が吉田秋生。しかしこのころのTBSドラマはとても好きです。

by no_nickname (2010-08-18 22:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。