So-net無料ブログ作成
検索選択

正月早々・・・ [過去の出来事]

玄関で転んでしまいました。不吉すぎる出来事でした。まだ初詣にいっていないのですが、もう行く必要もないかな?とおもっています。では、あけましておめでとうございます。今年もよろしくおねがいします。今年は辰年でありますが、来年なんと年男なんですね〜。はやいなぁ〜この間年男だとおもったら。はぁ〜12年なんてあっという間です!正月といえば、初夢とか、なんとかいったりしますが、いわゆる年があけて最初にみる夢に、縁起などをかついだり、かつがなかったりするわけなんですが、ぼくは今年から初iPodというものを発明しました。年があけて最初にIPodでなにを再生したか?というものを、なんとなく今年のテーマとかにつなげようとするものなんです。もちろん、夢は、どんな夢をみるかは、自分では、まえもってわからないですが、iPodでなにを再生したかは、自分の意思で、選択できるわけなんで、この初夢とはちょっと違うんですね。でも年があけて、一番に聞きたいなぁ〜とおもった曲なので、なにかしら、今年を暗示しているものではないかとおもうわけなんです。というわけで、こんな曲をぼくは、最初にききました。1月1日午後3時ごろです。

img213.jpg  原田真二 /てぃ〜んず ぶる〜す 1977年



いや〜ナイーブな曲ですね〜しかし!作詞が、松本隆さんで、作曲が原田真二さんです。そしてプロデューサーが吉田拓郎さんで、まさにすばらしすぎるメンツでつくられた名曲なんでございます。いったいこの曲のなにが、ぼくのテーマなのかわかりませんが、こんな曲がききたくて、年明け一発目に、きいてしまいました。で、あとからまた聞くと、ぼくはこの曲の歌詞にある、「都会が君をかえてしまう、造花のように美しく 乾いた君はぶる〜す」っていう歌詞がとてもいいなぁ〜とおもっていたことに気づいたわけなんです。こういう歌詞に、ドラマをかんじるんですね。でよくよく自分の好きな曲とかをふりかえると、こういう歌詞のある曲がおおかったりするんです。たとえば、

img214.jpg  ジュリアに傷心(ハートブレイクってよみます)/チェッカーズ1984年



この曲はチェッカーズの数ある代表曲のあるうちの1曲ですが、ぼくがとても好きな曲です。作詞売野雅勇さんで、作曲が芹澤廣明さんです。この曲にも心につきささる歌詞があって、それは「俺たち都会で大事な何かをなくしちまったね」というフレーズです。さきほどのフレーズと似たかんじなんですが、とてもドラマをかんじるフレーズだなとおもうわけなんです。しかし、これにかんしては、フミヤさん(このチェッカーズにおいてメインボーカルをとっている藤井フミヤさんのこと)のボーカルパフォーマンスが素晴らしすぎるという要素がたぶんにあるとはおもいます。なんというんでしょう、このワンフレーズをこれほどまでに説得力をもって歌えてしまう歌唱力だけではない、まさに表現力というんでしょう、心につきささるボーカルは、なかなか並の歌手にはできません。まさに天性のものではないかとおもいます。フミヤさんリスペクト!!そして最後にこの曲です。

img215.jpg  卒業/斉藤由貴 1985年



この曲は、作品のタイトルが卒業ですから、もうそういう歌詞がでてきそうですよね。この曲も作詞松本隆さんです。そして「セーラーの薄いスカーフで、止まった時間を結びたい、だけど東京で変わっていく、あなたの未来は縛れない」というフレーズに、やはりドキっとします。結局これらの歌詞のなにに、ドラマを感じるかというと、つまり「変化」なんですね。人が以前とは違うなにかに、かわる(成長という言葉でいうかもしれないが)。成長というと、なにかプラスの方向に上昇するような意味合いにうけとるかもしれませんが、ぼくはそういうものだけではなく、なにか、そのかわりに失ったもの、にとてもドラマをかんじるのです。たとえば、都会にいってしまって、方言をまったくしゃべらなくなったとか。田舎にかえると、地元の友人たちが「かわってしまったな、お前。。」みたいな。そういう失ったものがあるから、なにかその時間経過においてうまれた変化が、とても深みを増すとおもうんですよね。つまりそういうものがドラマだとおもうんです。とまぁ〜好き勝手にしゃべりましたが、去年はあまり映画とか(DVD鑑賞も含む)みれなかったんで、今年は、できるだけたくさん映画をみようとおもいます!という、抱負をどさくさにまぎれて、宣言したいとおもいます。以上です。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。