So-net無料ブログ作成

どんぐり舎。第48話 [東京の喫茶店]

ある春の日、どんぐり舎2年生になった僕は、おじいちゃんといつものように仕事をしている。もうこのころになると、どんぐり舎の仕事も慣れ、そして楽しくてしょうがなかった時期だったかもしれない。よく話す常連のお客さんとの会話はいつも楽しかった。僕の知らないことをたくさんユーモアたっぷりに教えてくれた。もちろんコーヒーをつくるのも楽しかった。そして新しい常連さんができ始めるのもこの時期の風物詩。春の季節は、出会いの季節でもあったのです。ぼくと同じ年くらいの大学生がたくさん、どんぐり舎に押し寄せてくるのも、みていて、とても楽しい気分にさせてくれた。また何人かの芸能人もよくきていて、それも気分を高めさせてくれた。そんな春の季節。おじいちゃんは、春の季節になると、なぜだかテンションが高く、張り切る傾向にある。それは、しばらくお休みしていた、野球中継が始まるからだと、どんぐり舎の家族の人が皆、口をそろえる。あるとき、仕事中の出来事。お客さんがこない時間があった、夕刻7時くらいのことだろうか。突然、「他の店の客の数を数えてこい」みたいなことを言われた。ぼくは、「は?」という感じで、最初意味がわからなかった。「え?なに?」と、問いただすと、「他の店の客数がきになる」という。つまり、うちの店は今暇だが、他の店はどうなのか?という心配だったのだ。は〜、そういうことか、と思い、納得したわけです。西荻窪という場所は、とても喫茶店の多い地区なのです(個人の経営する喫茶店です、このころはドトールやスターバックスといったチェーン店が西荻にはないという、珍しい所だったのです、今はありますが)。つまりライバルが多いんですね。ぼくもこのころになると、いろんな喫茶店にいくようになっていたので、西荻窪にたくさん喫茶店があることはよ〜く知っていました。そしてとても魅力的な喫茶店が多いのです。ぼくはわかりました、と言い、ぼくが知る西荻窪の他の人気のある喫茶店を見に行きました。ダンテ、それいゆ、物豆奇、赤レンガ、などを中心にみにいきました。ん〜こんなことをしたのは、後にも、先にもこの1回だけ。とにかく春のおじいちゃんは、とても張り切るから、なにを言い出すかわからないところがありましたね。その後、アコーディオン事件ってのもありました笑、この話は後ほど。(つづく)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。